自動車保険 任意保険 ネット

最新自動車保険相場!保険料が約10万円→5万円に!!自分の条件の保険相場と安い保険会社の見つけ方は?
人気記事の管理人体験レポートです!
大手各社さんから見積もりを出してもらえる無料サイトを使いました。管理人は4万6000円も安くなりましたよ!!

  管理人レポート! 安い保険の見つけ方!!
  皆の保険相場はどれくらい?

任意保険をネットで調べる前に。車両入替時は特にご注意。

自動車保険の中には自賠責保険と任意保険がありますが、私たちが金額や補償内容を比較検討し、自由に保険会社を選ぶことができるのは主に任意保険です。

 

さらに、その中でも申し込みの方法によって代理店型と通販型に分けることができます。

 

 

代理店型は営業マンや窓口を通じて保険を申し込むというもの、通販型はインターネット等を使用して加入するものという違いがあります。

 

 

最近の傾向としてはインターネットが普及してきており、通販型自動車保険に加入する人が増えてきています。

 

 

通販型自動車保険は、代理店型に比べて人件費などのコストがかからない分、保険料は安くなる傾向があります。また、インターネットで車両保険の有無などの補償内容を簡単に変更することができるほか、保険料のシュミレーションも容易です。

 

さらに、最近では複数の保険会社を横断的に比較できるウェブサイトなども登場しており、任意保険の加入者にとってはさらに有利な状況となっていますよ

 

 

任意保険と車両保険とは?

 

 

任意保険の車両保険とは、衝突や盗難などの偶然な事故によって契約自動車に損害が生じた場合に、修理費などについて契約金額を限度に保険金が支払われるものです。

 

一般的な任意保険で契約できる車両保険には「一般条件」のほか、補償範囲を限定した「車対車+限定危険(※)」の2種類ががあります。(※保険会社によって名称が異なります。)

 

それぞれの補償対象となる事故は、下記のようになります。「一般条件」の補償対象となる事故例a.電柱に衝突b.庫入れに失敗c.転覆や転落d.当て逃げ(相手の車が不明)e.他の自動車との衝突・接触(相手の車が確認できるもの)f.台風・竜巻・洪水・高潮g.盗難h.火災・爆発i.落書き・いたずらj.飛来中または落下中の他物との衝突「車対車+限定危険」の補償対象となる事故例上記「一般条件」の事故例の内、e?jが補償対象となります。

 

 

また、車両保険の契約金額については車の型式・用途車種・車名・仕様および初年度登録年月を元に「自動車保険車両標準価格表」などの掲載価格に照し合せて決定されます。

 

 

任意保険は車両入れ替えの際にご注意。

 

 

任意保険は、契約する車両のみが対象ですので、車両入替を行うなどの場合は、必ず名義変更を行う必要があります。

 

 

一番怖いのは、車両入替時に、保険の名義変更ができていない場合です。車両入替を行わずに、自己を起こしてしまうと、保険に入っていない状態と同じですので、乗り換え前の車両について加入している保険のサポートが効きません。

 

 対人や対物保険、車両保険や通院時の補償などすべての保険が無効として扱われます。最近の、任意保険は、自動補償特約なるものがあり、車両入替手続き前であっても、事故を起こした場合は、補償してくれる特約がついていますので、少し安心できますが、一定期間だけの対応ですので、車両入替の際は、きちんと手続きを行いたいものです。

 

任意保険は、車種や安全装備等の状況により保険料が変わりますので、手続きの際は、いろいろと確認してみましょう。


10代の自動車保険選び 20代の自動車保険選び 30代からの自動車保険選び 等級の基礎 管理人が見つけた安い保険 自動車保険の相場