車両保険 免責 金額 設定 目安

最新自動車保険相場!保険料が約10万円→5万円に!!自分の条件の保険相場と安い保険会社の見つけ方は?
人気記事の管理人体験レポートです!
大手各社さんから見積もりを出してもらえる無料サイトを使いました。管理人は4万6000円も安くなりましたよ!!

  管理人レポート! 安い保険の見つけ方!!
  皆の保険相場はどれくらい?

車両保険に加入をする時にちょっと気になるのが免責です。
車両保険は使わないという方も多いので、知らない人も多いです。

 

 

ではこの免責はどのようなことを表しているのでしょうか。

 

免責は加入をしている方が負担をしなければいけない金額を表しています。
例えば事故をしてしまって、修理するのに20万円ほど必要としているとなった場合、免責で10万円となっていると、保険でまかなってくれるのは10万円で、10万円は自分で負担をしなければいけないことになります。

 

早い話が、車両保険を使うときの自己負担額です。
直すために50万かかるとしても、10万円で設定していれば10万円ですべて直してもらえます。

 

 

 

 

この免責ですがその保険会社の車両保険プランによって違ってきてしまうのですが、加入をしてかなりの年月で事故をしていないとなると免責0円になったり、よく車両保険を利用するとなると今度はどんどんと免責が増えていってしまうようになります。
このシステムをよく理解をしていないと困ってしまうことになるのでよく理解をしておきましょう。

 

 

 

車両保険免責の設定

 

ほとんどの場合こういった表記がされています。

 

「0−0万円」 「0−10万円」 「5−10万円」 「10−10万円」 

 

 

「0−0万円」は免責なし、すべての費用は保険会社が持ちます。

 

「0−10万円」は1回目の事故は免責なしで、2回目以降の事故は10万円の自己負担

 

「5−10万円」は1回目の事故は5万円自己負担し、2回目以降は10万円の自己負担。

 

「10−10万円」は一回目二回目ともに10万円の自己負担です。

 

 

車両保険免責で金額の目安が変わります。

 

 

車両保険の金額を抑えたい場合などはこの免責を設定する必要があります。

 

 

100万円の車両保険・一般タイプをつけていた場合。、免責無しでは80,000円ぐらいとしましょう。

 

これを5−10万円の免責にすると70000ちょっとまで下がり、さらに10−10万円にすると65000円程度に抑えることができます。
※概算です

 

 

車両保険の免責金額とは何?上手な設定と目安 /自動車保険の相場と安い保険の探し方関連ページ

車両保険と等級の関係性
車両保険はどこが一番安いのか
中古車でも車両保険は必要としているのか

10代の自動車保険選び 20代の自動車保険選び 30代からの自動車保険選び 等級の基礎 管理人が見つけた安い保険 自動車保険の相場