自動車保険 車 保険 新規 等級

最新自動車保険相場!保険料が約10万円→5万円に!!自分の条件の保険相場と安い保険会社の見つけ方は?
人気記事の管理人体験レポートです!
大手各社さんから見積もりを出してもらえる無料サイトを使いました。管理人は4万6000円も安くなりましたよ!!

  管理人レポート! 安い保険の見つけ方!!
  皆の保険相場はどれくらい?

一般的に自動車保険に初めて加入する場合は新規契約となります。
既に1台車を所有しており、2台目や3台目の車の自動車保険を加入する場合も新規契約となります。

 

自動車保険にはノンフリート等級制度が適用されており、その等級に応じて保険料の割増や割引が行われる制度となっています。

 

新規加入の場合は6等級からのスタートとなるのが一般的です。
ただし、2台目や3台目などの車の新規加入である場合には7等級からのスタートとなります。

 

 

 

ノンフリート等級制度は加入後の1年間保険を利用する事故が発生しなければ、次年度から1等級ずつ上がるシステムとなっています。つまり無事故でいる期間が長ければ長いほど等級はあがり、保険料を安く抑えることができるのです。

 

等級を引き継ぐ場合の注意点

自動車保険に加入していて新しい車に買い換えた場合や自動車保険会社を変えた場合でも等級は引き継ぐことができます。しかし前の契約満期日から13ヶ月が経過してしまうと新規加入と同様に6等級からのスタートとなってしまうので注意しましょう。

 

 

ちなみに

 

自動車保険の等級による割引率がどれくらいのものなのか紹介しましょう。
新規加入は6等級からのスタートとなる話を上述しましたね。新規加入で6等級からスタートした場合、全年齢保障では28%の割増、21歳以上では3%の割増、年齢条件対象外は4%の割増となります。26歳以上になると9%の割引がされます。

 

2台目以降の車の自動車保険加入の場合は7等級からのスタートとなりますよね。
全年齢保障では11%の割増となります。21歳以上では11%の割引、26歳以上は40%の割引、年齢対象外でも39%の割引となります。

 

6等級と7等級とでは割引率の条件も大きく異なりますし、割引される率も大幅に異なることがわかりますね。

 

 

 

 

自動車保険等級の基本

 

等級は1等級から20等級まであり、数字が大きくなるほど保険料の割引率が高くなっていきます。
初めて自動車保険に加入した場合は原則として6等級からスタートし、無事故を継続できると1年後にと1等級ずつ上がっていくことができます。

 

 

さて、この等級システムですが等級別の割引率は一体どういった設定になっていると思いますか。
今回はノンフリート等級制度における等級別割引率について紹介したいと思います。

 

 

 

自動車保険等級の割引率は?

契約当初時は6等級からのスタートとなる話は既に上述していますが、その割引率は17%となっています。
ちなみに7等級になると割引率が6%上がり、23%となります。それ以降は1等級上がるたびに割引率が大体3%から4%ずつ上がって行く計算となっています。

 

ちなみに等級の中で最高の20等級の最大割引率は63%です。

 

 

6等級から20等級に至るまで14回の更新が必要となるわけですから、14年間は無事故を継続しなければならないということですね。

 

 

等級をあげるのが保険料を安く抑えるための基本

自動車保険の保険料を安く抑える確実な方法が無事故を継続することにあります。

 

一度でも事故を起こしてしまって保険を使用すると、次年度には3等級ダウンしてしまいます。また、等級ダウン後から3年間無事故を継続できても、割引率の上昇は無事故の時よりも低くなってしまいます。

 

上記のことからも日頃から安全運転を心がけて、優良ドライバーになるべく精進することが大切ですね。

 

 

同じ等級数でも保険料は安くなりますよ。ご参考にどうぞー。

車の保険 新規の場合の保険等級は?/自動車保険の相場と安い保険の探し方関連ページ

安くするために最低限維持したい等級は? 車 等級の基礎知識
自動車保険の等級制度。いまいちわかっていない人も多いのではないでしょうか?一言で言うと、等級の数が多いほうが安くなるんです!!

10代の自動車保険選び 20代の自動車保険選び 30代からの自動車保険選び 等級の基礎 管理人が見つけた安い保険 自動車保険の相場