自動車保険のそれぞれの等級相場と新規加入の場合の相場。

最新自動車保険相場!保険料が約10万円→5万円に!!自分の条件の保険相場と安い保険会社の見つけ方は?
人気記事の管理人体験レポートです!
大手各社さんから見積もりを出してもらえる無料サイトを使いました。管理人は4万6000円も安くなりましたよ!!

  管理人レポート! 安い保険の見つけ方!!
  皆の保険相場はどれくらい?

自動車保険のそれぞれの等級相場と新規加入の場合の相場。

自動車保険の等級別の相場と6等級スタートの新規加入の相場を見ていきましょう。

 

 

とはいえまずは自動車保険の等級制度を知りましょうか。
さて等級制度。いまいちわかっていない人も多いのではないでしょうか?

 

一言で言うと、等級の数が多いほうが安くなる!! これにつきます。

 

つまり等級によって自動車保険料の相場が段違いに変わっていくんです。新規加入の場合は6等級スタートなので割引率も見ていきましょう。

 

 

等級 1234567891011121314151617181920
割引率% +30+2001010203040404550505555585860606060

 

1等級であれば30%増し 3等級から0、4等級から10%の割引が始まります。ぐっと安くなるのは7等級の30%引きからですね。
見てのとおり等級がひとつ違うごとに割引率がかなり違いますよね。等級ひとつで自動車保険相場もぐっと変わります。

 

等級を上げるには、一年間無事故でいること。

無事故の場合、一年間で一等級づつあがります。

 

ちなみに新規加入の6等級の人が、割引率50%の11等級にあがるためには、5年間無事故でいなければなりません。

 

 

 

事故を起こすと等級が下がる

 

事故を起こすと3等級一気にダウンします。6等級から事故を起こすと3等級まで下がり、元に戻るまで3年かかるという仕組みです。

 

※厳密には保険を使うと下がります。

 

 

 

自動車保険の等級で注意したい点と最低限維持したい等級数

 

もう一度、割引表をみてみましょう。8等級までが非常に割引変動が高いです。

 

8等級から事故をおこし5等級に落ちた場合。

 

自動車保険相場が、  割引40%の8等級 → 割引10%の5等級 まで落ち込みます。

 

これは、かなりの保険料の負担が増えます。つまりこうですね↓

 

 

10万の保険料+8等級割引 6万円

 

10万円の保険料+5等級割引 9万円

 

8から5に等級が落ちると保険料に3万円の差が出ます。

 

 

逆に言えば最低でも11等級まで上げておけば、どうしても保険を使うケースが来ても安心です。

 

保険料を安く上げるには最低8等級。 事故など保険を使うことを考えれば11等級まではまずがんばりましょう。

 

 

ちなみに等級を飛ばしてあげるなんてことはできませんが、保険料を安くする方法としては、

 

・保険会社見直し
・割引プランの見直し

 

があります。 ディーラーで勧められた保険などは、実はまったく安い部類ではないですから。(実は保障もあまりよくない場合が多い・・・) 特に新規加入の場合は高い場合が多いので少しでも安いところで契約してしまうのも手です。

 

保険会社乗り換えで、同じ等級でもほとんどの方が数万円〜最大5万ほど保険相場が安くなるという結果が出ています。

 

 

 

ちなみに保険会社乗り換えでも、等級は引き継がれますので安心ですよ。

 

 

割引を見直す場合はこちらを参考にどうぞ。

 

10代の自動車保険選び
20代の自動車保険選び
30代からの自動車保険選び

 

 

等級を下げないために。(特に新規加入の方は)

 

多少の修理なら保険を使わないで直すことです。

 

身もふたもないですか?なんですが意外と気づいていない人も多いんです。
簡単な計算です。ちょっと考えて見ましょう。

 

保険料は10万円とします。

 

板金に3万円かかるとします

 

保険適用で3等級さがります。

 

8等級から5等級へ。値段の差は3万円とします。

 

 

じゃあ+−0かというとそうではないです。

 

事故を起こした年1年目2年目3年目トータル
保険使った場合 5等級にダウン6等級7等級8等級 
割引率 保険料 10% 9万20% 8万30% 7万40%6万計30万円
保険使わない場合 8等級を維持9等級10等級11等級 
割引率 保険料 40% 6万40% 6万45% 5,5万50% 5万合計22万5千円

 

このように1年目2年目を見ていくと 3年後にはトータルで 7万五千円の差がでます。

 

保険を使って車を治すなら最低でも3年後の保険料まで考えて使いましょう。新規の場合は特にです。3等級まで落ち込んだらかなり高い保険相場が適用されますから。

 

 

やむを得ず保険等級を下げてしまった場合。

 

実際事故を起こす・巻き込まれるなどで、保険を使ってしまうということは仕方ないことです。
筆者だって明日事故って「10万出してください」と言われたら困ります。使うかもしれません。

 

さて、実際使ってしまった場合、保険等級がさがり、説明した通りのある程度のペナルティが発生します。

 

 

こういう時こそ保険乗り換えのチャンスでもあるんですよ。

 

なぜなら保険を乗り換えた年は等級が上がらないんですから。

 

 

乗り換えた年は等級が上がらないのでコロコロと簡単に変えるのはいけませんよ、と僕はいつも言うのですが
どうせ等級が下がってしまうならば、これを機会にいっそのこと変えてしまおう。という考え方です。

 

また上記のようなケースの場合は特におすすめで、
事故を起こしたので等級ダウン保険料3万アップ→なら3万安いところに加入しましょう!!

 

と現状、月払い・年払いの支払金額を変えずに等級ダウンに対応できます。

 

 

「事故を起こしちゃって保険料あがっちゃった」という方にこそ保険乗換はお勧めですよ。

 

管理人の自動車保険乗換成功体験です。ご参考にどうぞー。

自動車保険のそれぞれの等級相場と新規加入の場合の相場。関連ページ

新規の場合の保険等級は?
新規加入の場合は6等級からのスタートとなるのが一般的です。6等級からでも保険料を下げる技をお教えしましょう。

10代の自動車保険選び 20代の自動車保険選び 30代からの自動車保険選び 等級の基礎 管理人が見つけた安い保険 自動車保険の相場